ライン生産方式の特徴とメリット

工場の製造方法にはいくつかの種類がありますが、中でも比較的多く採用されているのがライン生産方式です。ライン生産方式とは文字通り、製造工程をいくつかのパートに分けて、それぞれの担当者が自分の仕事をこなして作り上げていく形になります。スタートから完成まで一連の流れに沿って行われることがこの名前の由来です。1900年代初頭にアメリカの自動車メーカーが考案したと言われているこの生産方式はコストを大幅に削減できるのがメリットになります。一人ひとりが全ての作業をこなす方法では全ての技術と知識を持ち合わせていなければ作業を行うことはできません。しかし、ライン生産であれば、自分が担当する仕事だけを覚えればよいので、教育に掛かるコストや時間を減らすことができます。

期間工として働く魅力と注意点

ライン生産方式を採用している工場で期間工として働く大きな魅力が働きやすさです。ライン生産は自分の担当した部署の仕事さえ覚えてしまえば同じ作業を繰り返すだけなので、未経験の人でも短期間で即戦力になることができます。単純作業が多いため、専門的な知識やスキルを持っていなくても数日程度で覚えられるので安心です。ただし、この単純作業が逆にモチベーションを低下させる要因になってしまうこともあります。向上心を持って色々なことを覚えたい人や、飽きっぽい性格の人の場合、同じことの繰り返しが苦痛に感じてしまうケースもあるので注意が必要です。そのため、ライン生産方式で働く時は、自分なりに仕事にアレンジを加えたり時間を気にし過ぎないといった、自分なりの工夫を取り入れることが重要になります。

期間工の転職は、フリーターの人に適しているといえます。収入をしっかりと確保した上で、ご自身のやりたいことも優先できます。